Ryuuta Takaki

1995年生まれ 東京を拠点に活動するビートメーカー。
ヒップホップを軸に、アンビエントやエレクトロニカ、チルウェイヴの要素を取り込んだサウンドが特徴であり、時折ダブステップを思わせる非常に重いベースも顔をのぞかせる。
2013年に分解系レコーズ主催の「Out of Dots 2013 -Following Gene-ration-」に当時弱冠18歳で出演を果たし、それを機に渋谷のクラブでビートライブなどで活躍。
LHW?では、映画「アリエル王子と監視人」サントラ、NoGimmickClassics、不可思議/wonderboyなどリミックス、作品提供している。
LASTorderのUnreal Dialogueにリミックスで参加。DE DE MOUSE 主催レーベル not recordsからphoenix and the flower girlと共作。
Ryuei Kotoge「undo,redo.Remixes」に参加するなどビートメーカーシーンにおいても認知され、評価を受けている。
その他、視覚芸術作品も手がけており、SoundCloudにアップロードされた音源のサムネイル画像などで彼の制作したアートワークを目にすることができる。
一年間ライブ活動を休止し、制作に専念し、満を期してファーストアルバムが完成。