合田口洸

1993年生まれ、長野県出身、東京在住。
7歳から15歳までピアノを習い、20歳になる頃に不可思議/wonderboyの存在を知り、その衝撃で創作活動を始めるに至った。
ポエトリーを基調として歌ともラップとも取れない歌い方で曲ごとに言葉が映えるような歌い方をしている。
トラックも自らの詩、言葉が映えるように製作している。そこには幼少期のピアノの経験や、まだ浅いギターの経験も
生かされている。ライブではギターの弾き語りでラップをする事もしている。
2016年、LOW HIGH WHO?より「void EP」をiTunesにてリリース。等身大の表現が同世代の心に響いている。

2017年7月5日 ファーストアルバム「remedy」発売。